elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

一度レールからはみ出すとこの社会って終わりだよな

社会とかいうクソゲーを誰かどうにかしてくれないか。このゲームは一度レールからはみ出れば終わり。即ゲームオーバー。まるで自由自在に可能性が残されているような誇大広告を打ち出しているがこのゲームはクソゲーにも程がある。人生はクソゲー、やる価値なし。某通販サイトのレビューで最低点をつけてやりたいくらいだぜ。

「このゲームはとんでもないゲームです。自由度の高さをアピールしていますが実際は決められたルートから外れれば終わりのクソゲーです」ってな。

 

特に職業の選択の酷さはヤバイ。ただでさえこの国の労働文化は終わっているのにその最底辺に置かれるバイトはまさに奴隷のように使役される駒でしかない。労働者が徹底的に舐められている、そして労働者側も仕事を美化するために環境が改善されない。

みんなで苦しんでこの辛い仕事を乗り切りましょうと言う価値観でありなかなか改善されない文化だ。長らく日本人の価値観に染みついた労働賛美の精神がなかなか問題の解決を実現させられない。残業強制や有給の取りにくさなどその最たるものだ。

まさにこの国では労働は地獄、仕事教、仕事は神ですと言う価値観が蔓延している。素晴らしい労働者になることが日本では求められる。文句も言わず同調圧力の中で都合のいい駒になることが世間のいう素晴らしい社会人の正体だ。

 

そしてそのレールに乗れるやつですらまだマシ。正社員ですら地獄だが、その正社員になるタイミングを失ったり失業してまともに職にありつけなかった奴には地獄が待っている。その正社員の下でただ安い時給のために永遠と働かされる。

将来に何の見込みもなく喰うに精一杯の仕事だけが待っている。

 

こんな世の中のどこに希望を見出せばいい?

まともに働いたところで会社に生命を吸い取られるだけ。結局正社員様になったところで、酷い労働文化の中で馬車馬のように働かされることを強いられる。

東大まで卒業して電通まで行った奴の末路が自殺だ。

いくらいい仕事を手に入れようがお金を使う時間と体力が犠牲になる。お金を稼ごうにも時間と体力が吸い取られる。働いたらまさに負け。悠々自適の生活保護受給者のほうがマシじゃないか。世間的には東大エリートの電通勤めのほうが肩書きも収入もいいがその実態は酷い。その一方で世間から蔑まれている生活保護受給者は楽しく人生を送っている。どちらが幸せなのか。

結局日本人は時間と体力を軽視している。肩書きと金ばかり誇張されそれを得ることが素晴らしいとされている。だがそれで富を得たところでそれを使う時間と体力がなければ意味がない。バカンスという文化もなく、有給を取ることすら許されない。

一体何のために働いているというのか。

 

・まともに働けば給料が得られる代わりに体力と時間は徹底的に奪われる。

・働かなければ時間と体力は有り余るがお金が得られず食うに困る。

どっちに行っても地獄。ほんの一部の勝ち組だけがお金も時間も体力も得られるがこの3つを獲得できる奴などほとんどいない。世間的に素晴らしいと言われている正社員様も本当は時間と体力を犠牲にし、仕事で精神をすり減らしている。

結局一部の勝ち組を除いて、正社員ですらニートと幸福度は変わらない。

こんな社会に誰がした?幸せになれるのはごく一部のクソゲーじゃないか。有象無象の負け組の上にほんの一部の勝ち組だけが幸せになる構造になっていやがる。

だけど文句を言っても仕方がない。じゃあ勝ち組を目指すしかない。

このまま底辺生活を続けていくのか、会社の犬を続けていくのか、そのどちらにも未来がない。なんとかこの苦境から脱出しなければならない。一部の勝ち組になんとかしてなる、その方法を模索できるか。現状いま自分は色々と試している。とにかくもう普通の道には戻れない。なんせ一度レールを外れたら終わりだからな。

ここから数年真面目に苦境に耐え続けてコツコツ努力を続けても結局「人並み」にしかなれない。誰もがやらないことを模索しなければ打開策はない。

その人並みになったところでその実態は前述のように金はあるが時間と体力はむさぼられると言うだけに過ぎない。この社会ではレールから踏み外してもアウト、レールにのっていてもただ乗ってるだけじゃアウト。

普通に生きてちゃ幸せになれない社会。通常の攻略法では勝てない。裏技を使うしかこの社会では幸せになれない。その裏技を今俺は何とか探そうとしている。

elken.hatenablog.com