読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

バルセロニスタ「チアゴ・アルカンタラ返して!」

バルセロニスタ:うちのチアゴがバイエルンで活躍してるみたいで大変喜ばしいです。しかし今のバルセロナの中盤が物足りなくなってきてるので返してください。

バイエルンサポーター:なんだこの勝手な奴らは?

 

そろそろイニエスタの後継者を考えなければならない時期に来てるし最近バルサの中盤がちょっとクオリティが低下していて前後分断サッカーになってきてる。中盤にアイデアを加える選手が必要なのは間違いない。

UEFAチャンピオンズ・リーグのパリ・サンジェルマン戦大敗も中盤のクオリティで完全に上回られていたという側面がある。

そんな中で自分はバルセロナの中盤補強をあれこれ考えていてメスト・エジル来てくれたら最高だと思ったり、ポグバ欲しかったなぁとかデ・ブライネほちぃ!イスコはバルサに来るべきだったとか思ってたけど、待てよチアゴ・アルカンタラおるやんけ!と気づいた。

元々バルセロナから修行のためにペップバイエルンにいったわけでそろそろ良い感じに成長してきてバルサの中盤の水準に達してきてる。才能は間違いなく、例えるならばイニエスタとチャビの中間ぐらいのプレースタイルで若干ロナウジーニョっぽいブラジル要素があるのがチアゴ・アルカンタラ

南米的な要素もあるからMSNとかなり合うんじゃないかなというのもあるしそろそろバイエルンはチアゴ返してくれ~!チアゴはうちのファミリーだから。

スペイン人はなぜ小さいのにサッカーが強いのか 日本がワールドカップで勝つためのヒント (SB新書)

 

海外サッカーにはまったときは「うち」って言い方、おまえ誰だよって思ったし現地在住民みたいに語ってんじゃねぇよと思ってたけど案外使ってみると面白いよね。

海外サッカーを見て自分まで現地在住民になった気分になって日本サッカーを見下すさんまみたいな奴がダメなだけで、自分は海外サッカーを応援しつつも最終的には日本代表が一番だと思ってる。

だからバルセロナに日本人選手が移籍したらそれは日本人目線でもちろん最高。本田がACミランに移籍したときもACミランファンとしても本田ファンとしてもうれしかったり、3年後にはバルセロナ久保建英を見ることができるのが本当に楽しみ。

「うちのクラブに日本人来るな」とかそういう勘違いした脳内外国人ではない。

 

ただ海の向こうに憧れて擬似的な海外サポーターごっこをするのも結構楽しい。ハリウッド映画ファンとか洋楽ファンとかも似たようなものだと思う。結局日本って西洋に憧れてる時が一番発展するわけで、多少はコンプレックスとかも必要なのかなと思う。

西洋に憧れることで日本は発展してきた歴史があるし、それ自体は悪い事じゃない。むしろ海外サッカーに追い付き追い越せと頑張っている日本サッカーは明治時代の明治維新や、戦後の経済成長に似ている部分がある。

そういうコンプレックスを無くして自国の物が一番ってなると日本って意外に停滞する。憧憬や劣等感って日本人の原動力になってる部分がある。

 

自分の場合それがスペインや南米などのラテン諸国であり、ロシアなどのスラヴ諸国でもある。もちろん個人的には日本が一番ではあるけど、ラテンとスラヴが海外では好き。

やっぱり異国感を楽しむメンタリティが日本人は昔からあるわけでむしろ舶来品信仰は伝統的な価値観。そういう意味で海外サッカーに憧れることは間違ってないしその憧れによって日本サッカーは発展してきた。脳内外国人になって日本サッカーを見下す勘違い海外サッカーファンになりさえしなければ普通に海外サッカーを応援してもいいんじゃないかなというのは自分の持論。

ラウルにあこがれて―スペインサッカー少年の夢

 

ということで自称バルセロニスタとして、これからもバルセロナを応援していきたいしいつかカタルーニャバルセロナにも行きたいしスペインめぐりもしてみたいなと思う。いつかこのブログをそういった旅ブログにもしていきたいしバルセロナに観戦しに行ったレポートなんかも書いてみたい。

とにかくメッシが現役の内に一回は生で見たい。現役のメッシ見れなきゃもったいない。そのころにはチアゴ・アルカンタラバルセロナの中心選手でバリバリやってるかもしれない。チアゴをバルサでもう一回見たい。バルサで11番つけてた時も上手かった。あのセンスは他の選手にはない物があるしとにかく抜群に上手い。今もバイエルンのトップ下で覚醒してるらしいしアンチェロッティのほうがグアルディオラよりチアゴを使いこなせてるとも聞く。

密集でのテクニックがものすごいからとにかく見ていて飽きないし明らかに上手いことがわかるタイプの選手。そういえばラフィーニャが兄弟だったから兄弟コンビでプレーするのも面白そう。

ゲーム感覚の意見かもしれないけどラフィーニャとチアゴでバイエルンとトレードするのも面白そうではある。とにかく中盤補強の候補としてチアゴ・アルカンタラはかなり補強なんじゃないかなと思う。最近バルサカンテラ色がなくなってきてるしチアゴはベスト。

 

もしくはディバラが仮にバルセロナに移籍した場合、メッシが中盤に下がるとかもあり得る。ディバラも欲しい!なんでも欲しがるのがメガクラブサポーターの特徴。

そうやってディバラが来て仮に右サイドにフィットしたならメッシを中盤にすると面白そう。今中盤でのプレーで覚醒してきてるからインテリオールで使ったらかなりいいプレーをするんじゃないだろうか。同郷アルゼンチンのディバラとメッシで組めばかなりいいコンビネーションが見れそう。

守備は少し問題があるかもしれないけど次の監督がもしかしたらメッシを中盤に下げるオプションを取り入れそうでもある。

 

エンリケも退任するらしいしサンパオリがどういうサッカーをするのかというのは楽しみにせずにはいられない。

サンパオリ就任とチアゴ・アルカンタラの復帰で来シーズンは決まりや!

サンパオリなら今叩かれてるブスケツを再生させられそうだし同じスペイン代表のブスケツとチアゴで中盤の連携したらかなりのクオリティになる。怪我さえしなければチアゴ・アルカンタラはこれからのスペイン代表復権のキーマンになる。

バルセロナとスペイン代表の為にもチアゴの覚醒を喜ばずにはいられない。

MSNをブスケツ、チアゴ、ラキティッチで操って、前後分断サッカーではなくグアルディオラ時代のようにもっと連動させる、そしていつかディバラもやってくる。これで最強、すげえええ!

「ぼくがかんがえた最強のバルセロナ」みたいになってるけどもこういう妄想をするのもサッカーファンの楽しみの1つなのではないだろうか。

バイエルンサポーター「そんなことがしたけりゃFIFAでやれ、うちのチアゴはやらん!」

バルセロニスタ「あいつうちの家族だから!早く返して!かわりにアンドレ・ゴメスやるよ!」

バイエルンサポ「CL絶望的なのにだいぶ元気だな」

バルセロニスタ「どうせお前ら今季も無冠だろ」

こういう煽りあいもまたサッカーの楽しみでもある。

しかも自分は今季CLの優勝予想はバイエルンにしてるというね。

チアゴ・アルカンタラがCL大活躍で優勝してそれを置き土産にバルセロナ復帰、これで完璧。お互い文句なしで最高の展開。来シーズンどうなるか様子を見てみよう。