elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

鎌田大地とかいう若者とおっさんで評価真逆の選手www

個人的に鎌田大地好きな選手で、あの脱力感や舐めプ感が「ヤレヤレ系」や最近のなろうラノベ主人公っぽくて好きではある。本気出してないように見えてめっちゃ活躍するという厨二病的な憧れの具現化だ。

 

今の若者って結構こういうキャラ好きで、ゆとりの自分としても好きだ。

自分が一番好きな選手は本田圭佑なのでああいう熱いキャラも好きだけど、そもそも昔はビッグマウスで愛想悪いキャラだった。

 

実際若者層が多い、YouTubeのサッカー動画コメ欄では絶賛で、あの雰囲気が超かっこいいという意見が多い。自分も活躍したたこういう感じで有りたいという自己投影感はある。いわゆる天才キャラだ。

力抜けた感じのおかげで相手のタイミングずれるし、本人は視野が確保できるので悪いことではない。

youtu.be

 

ただこの「態度」を嫌うおじさんたちがいる。

なんだろうなぁ、雰囲気だけやる気ある無能を評価してきた日本社会らしくていいというか、ゆとり世代を嫌ってそうな層って未だにこういう認識持ってるよなぁと。

南野拓実は髪伸ばしててナルシストかよ」みたいな意見さえこの前見かけた。

blog.livedoor.jp

 

こういう中高年層が甲子園の坊主を絶賛してサッカーはチャラいとか言ってんだろうなって。いや、自分も熱い感じは好きよ。岡崎好きだし、最近だとU24の林とかは情熱的なストライカーで見てて好感が持てる。

 

ただ鎌田大地みたいなクール系の天才がもかっけぇじゃん。

まぁやる気が好きな日本人が叩いてるだけでなく、鎌田の場合現地ドイツ人が叩いているのでむしろサッカーに関しては外国人の方が熱い姿勢は重視するし走ってプレス行くと盛り上がる。ツヴァイカンプやデュエルという奴だ。

 

陰キャの理想といえば理想なんだけど、鎌田がYouTubeコメ欄キッズから人気ある理由はわかるし再生数もあって若者人気という意味ではいい事だと思う。正直、今代表で見ていてワクワクするのは鎌田大地だ。こう見えて結構不遇で、特殊なプレースタイル故に評価されてこなかったし誤解も多い。

陰キャが思いがちなことだけど「誤解を受けがちだけど俺にはひそかな才能がある」という思春期特有のメンタリティというか。それで評価されるのは鎌田みたいな真の天才だけなので真似してはいけないけど、サッカー漫画のキャラにいそうで見ていて憧れを体現してくれている。

ドイツでも賛否両論なので、昔ながらのやる気を重視するおっさんと、こういうキャラでありたいと思う若者で意見が分かれるのも面白いことだ。