elken’s blog

ジャニーズとサッカーを中心にあらゆることを評論するブログ

ジャニーズ

手越祐也の「テンションMAXっす」という最高の名言

誰にだって落ち込んだり悲しくなる時があり、訳も無くなぜか悲しくなったり寂しくなったりする。理由もわからず虚しく落ち込んでしまう。 そういう時アイドルというキラキラした存在は、時として心を癒してくれる大きな存在となることがある。 それが客観的…

ジャニーズは「ジャニーズ」だからかっこいいと感じたカウコン

毎年カウントダウンコンサートを見て思うのが、「ジャニーズだけの雰囲気」みたいなものがあるよなぁということ。 こればかりはどの事務所やエンターテイメントにも出せない謎の独自の魅力や雰囲気がある。 多分それは宝塚が好きな人も同じことを思っている…

やっぱり嵐はLove so sweet歌ってた頃だと感じたMステSP

昨日のMスてスーパーライブでオオトリを飾った嵐がその最後に披露した曲は名曲『Love so sweet』だった。 更にメロディもクリスマス調で演出も華やかで、まさに最後のエンディングに相応しい終わり方だったと思う。ちょっとぐっとくるぐらい「これぞ嵐」と感…

スキャンダル続出の嵐はこれからどうなる?

いわば嵐ファンにとって最後の砦ともいえる相葉雅紀にトイプー事変が発覚し、ついに嵐もスキャンダルをコンプリートする事態となっている。 嵐ファンにとっての相葉雅紀ははまさに絶対国防圏だった。 どれだけ櫻井翔や二宮和也が女子アナに翻弄されようとも…

実はかなり凄い関ジャニ∞のコンサート動員力

今年2017年のコンサート動員力が発表されて、これがなかなか興味深い結果になっている。 コンサートの動員力というのは本当に地に着いたリアルな人気を表していている。リピーターの多さやお客さんを本当に現場で楽しませているかやパフォーマンスの質が如実…

SVENTEENのTHE8がNEWS小山慶一郎に似すぎ説

SEVENTEENという韓国のアイドルグループを見ていて、中々かっこいいと思うのだがその中で気付いたことがある。 まるでどこかで見たような既視感のある顔つきのメンバーがいる、そう記憶を手繰り寄せると1人のジャニーズに行き着く。 そう、NEWSの小山慶一郎…

中間淳太という知られざるインテリジャニーズについて

自分が密かに面白いメンバーだと思っているのがジャニーズWESTの中間淳太である。 なぜならば、この中間淳太という人はわりと自分と趣味が合うからだ。 ジャニーズに限らずアイドルや芸能人を好きになる理由というのは意外とシンプルで、自分と趣味や考え方…

知念侑李と中島健人が「VS嵐」にダブル参戦で見どころ多彩

「質問をしてまともな返答が帰ってきたことが無い」と共演者の女優に評される中島健人はこの日の出演でも、やはりいつもの中島健人だった。 ここ最近「みせコド」関連でよくテレビに出ているけれどもやっぱり中島健人はぶっ飛んでいて面白い。発言全てがもは…

山田涼介と中島健人の違いは何か考えてみる

自分の中だけの勝手な構図なのかもしれないけれども「山田涼介VS中島健人」という対になる構図が存在する。 ライバル争いや対立というわけではなく、むしろ中島健人は山田涼介に憧れてジャニーズ事務所に入所している立場ですらあるのでそんなバーサスという…

ベストアーティス祭でSixTONESとSnow Manがかっこよすぎた件

11月も終わりに近づき年末がやって来る中でのベストーアーティスト祭、意外な活躍を見せたのがジャニーズJrの「SixTONES」と「Snow Man」だった。 正直に言えばSixTONESとSnow Man超かっけぇじゃんの一言に尽きる。 今のジャニーズに真に求められているのは…

朗報:紅白出場決定 Hey! Say! JUMPの勢い半端無い

ここ最近のジャニーズ関連の話題で一番うれしいのはHey! Say! JUMPの紅白出場が決まったこと。 やっぱりこれが一番のビッグニュースで、今年10周年という事もあり勢いも凄く感じる。 Hey! Say! JUMPおめでとう!(Sexy Zoneファンからの祝電) 逆に今までな…

防弾少年団、アメリカの音楽番組で喝采を受ける

防弾少年団の勢いはもはやこれまでの韓流の枠組みを超えて世界に飛躍しつつある。 K-POPのブームといえば今まではアジア圏内に限られていたが、これからはむしろ欧米や南米諸国にまでそのブームが波及する時代になって来ている。 元々BTS自体が、SNSというイ…

SMAPが解散した後のジャニーズを見て思う事

去年SMAPが解散してだいぶ月日が経って、ようやく「SMAPがいないジャニーズ」が日常の光景として受け入れられるようになってきた。 それ自分個人の感情だけではなく世間の認識のあり方もSMAPがもう存在しないことをごく普通の事として考えるようになっている…

次回の初耳学にセクゾ松島聡が出演、これは待ちきれない

もはや自分にとって毎週日曜日の習慣になっている「林先生が驚く初耳学」という番組に、ついにあの男、そう松島聡が出演する。 普段は同じSexy Zoneの中島健人目的でほぼ習慣のように見ているのこの番組、テレビの番組表を見たら「セクゾ松島聡」と書かれて…

ジャニーズとK-POPアイドルの最大の違い

ジャニーズと韓流のK-POPアイドルは似ているようで大きな違いが数多く存在する。元々こういった男性アイドルグループとしての歴史はジャニーズの方が古く、初代ジャニーズは1960年代まで遡ることになる。 一方で韓流アイドルが日本で受け始めたのは東方神起…

伊野尾慧がネタ要素の塊だという風潮

Hey! Say! JUMPの伊野尾慧と言えばもはや現在のジャニーズ屈指のネタキャラにまで上り詰めている。 正直に言えばこの男、ネタ要素の塊である。 何が面白いかと言えば、それは箇条書きにすると多分何行にもなるのであえて「すべてが面白い」の一言で済ます。 …

重岡大毅といういつもハイテンションなジャニーズwwww

音楽番組などでジャニーズWESTを見る機会がある時、いつもこのグループ自体テンション高いなと思いながら見ている中で特に目を引く男がいる。 重岡大毅、ジャニーズWESTではイメージカラー赤を務める男だ。 重岡大毅の常に全力で笑顔なところは「同じアホな…

CDTVハロウィンSPジャニーズ勢の感想

「ハロウィン」というイベントが日本にやや定着し始めている昨今、ハロウィンムードの番組も増えてきている。 最初はよくありがちな日本人がハロウィンってのもなぁと思いながら、いつのまにかそういえば秋はハロウィンだなと思うようになって来ている。 江…

風間俊介はセクゾの事を「Sexy Zoneさん」と言っているらしい

「最もジャニーズのイメージが無いジャニーズ」といえば、個人的には風間俊介を上げたい。なぜならば自分にとって完全に風間俊介といえば遊戯王の人だからで、遊戯王といえば世代を席巻した長寿コンテンツでもある。 逆に「本当に武藤遊戯がジャニーズだった…

SEVENTEENのジョンハンの髪型斬新すぎだろwwww

韓国のSEVENTEENというアイドルグループに一際目を惹く謎の長髪キャラがいる。 その男の名はユン・ジョンハン、1995年10月4日生まれのソウル出身メンバーだ。 SEVENTEENは13人のメンバーから構成されており、更にヒップホップ、ボーカル、パフォーマンスの3…

Mステ 嵐「未完」とSexy Zone「ぎゅっと」出演感想

なんか自分の中でMステにジャニーズグループが出演する時は謎の特別感があって、今回はSPな上に嵐とSexy Zoneという更にプレミア感のある出演で更に楽しみせずにはいられなかった。 ここ最近なんかMステのスペシャル多い気がするけど気のせいなのか、いずれ…

コンサートに来るジャニオタのグループごとの違いが面白い

ジャニーズのグループごとのファンの違いやイメージというは話は結構面白く、いろいろとメンバー本人達だけでなくそのファンにも特色があるところがジャニーズの魅力でもある。 もちろんジャニーズに限ったことではなく例えば48系列であれば「NMB48は身内や…

テキトー男こと伊野尾慧から学ぶメンタル

ガチでメンタル強いジャニーズ誰かって言われたら自分はHey! Say! JUMPの伊野尾慧をあげたい。 菊池風磨と番組に共演したときの話が面白くて、さすが伊野尾さんだと思った。 風磨「伊野尾君はおこられてる時にすっ~て抜けていく。俺が一番おこられ役だった…

TOKIOって蛇喰うんだなっていう衝撃

鉄腕ダッシュって結構エグいことやるなぁというか、よく地上波で流せるなということをやるから凄い。 逆に言えばそれだけレアな映像を流すから昨今の番組の中では珍しい立ち位置を気づいて家族で見る番組として定着しているのかもしれない。 驚いたのが「蛇…

なぜ山下智久と亀梨和也は今も男子から人気なのか?

この前「10代男子がかっこいいと思うジャニーズランキング」を見かけて、そのランキングが自分の予想とは違っていて結構面白かった。 基本的にテレビ露出の多いメンバーや、王道メンバーがランクインしている印象がある中で山下智久が1位だという事と、亀…

MステウルトラFESでのNEWSとSexy Zoneの絡みが最高だった件

多分一般人の方は「Mステジャニーズ多すぎだろ」って思ってたウルトラFESだと思う。 逆に言えばジャニオタ的には超面白かったMステ神回で、名シーンも多々存在した。 「ジャニーズ対決」と言いながら、なぜかHey! Say! JUMPだけ「松岡修造が応援!」みたいな…

林先生初耳学で活躍する中島健人の凄さ

自分にとって日曜日と言えばもはや「林先生の初耳学をゆっくり見る日」であって、一週間の欠かせない習慣になっている。 日常アニメに近い感覚なのかもしれないけども、この"いつもの風景"みたいなものが落ち着く自分がいる。 林先生のドヤ顔解説や、出演メ…

ジャニーズ事務所の闇、草薙、香取、稲垣が退所・・・・

悲しいなぁ、というのが最初の感想で、わずかな希望として信じていたSMAP再結成の希望も無くなり終わる時はあっという間だった。 SMAP解散ですら既に信じられない衝撃だったことすら、もうかなり前のことでういにはメンバーの退所にまで行きついてしまった。…

【イケメン対決】全盛期のKAT-TUN赤西仁VS東方神起ジェジュン 

自分が「イケメン」の理想として今も根強く支持している2人がいる。 誰にでもそういった憧れがあるものだが、とりわけ元KAT-TUNの赤西仁と東方神起のジェジュンは今も自分の理想として輝いている。 もし願いがかなうならば赤西仁かジェジュンのどちらかの顔…

三大イメージが悪いサッカーサポーターが決定

サッカーというスポーツは攻撃性や過激さを刺激する要素がある事は否定できない。 言ってみれば代理戦争である側面は否定できず、南米の貧困層がサッカーを観戦し不満を紛らわしたり、欧州は都市国家以来の対立の伝統があるためサッカーが盛り上がっている。…